学生から社会人になって一年 社会人生活を振り返る

あと一ヶ月で社会人になって1年が経つ。そこで社会人生活を振り返ってみようと思う。

学生から社会人へ 環境の変化

  • 首都圏から地方へ
  • 周囲の平均年齢が20歳上昇
  • いくら働いてもお金がもらえない研究室から働いた分だけ給料がもらえるように

もともと実家は神奈川県北部、横浜にも東京にもアクセスが良い場所で大学も実家から通っていた。それが今は地方(イオンやコンビニはある程度の田舎)に住んでいる。 就活の際は勤務地よりやりたいこと!だと思っていたのだが、都会でずっと暮らしていた人間にとって田舎で暮らすことは相当精神的にダメージが大きかった。特に若い独身の女の人が全然いない!東京横浜には腐るほどいるのに。イオンにいる若い女の人は大体子持ちである。かわいーなーと思ったら子連れ。地方と都会だとおそらく初婚年齢もだいぶ違うと思われる。もう二十代半ばくらいには結婚しないとやばい!位の感覚。

田舎だと買い物も簡単にはできない。Amazonが無かったら死んでたかもしれない。よかったネットがあって。20年前にこの生活をしていたら間違いなく病んでる。本当にネットは偉大である。すぐに友達と連絡も取れるしいろんな情報も見れる、音楽も聞ける。なんとなく誰かとつながっている気になれてさみしくない。一番困ったのは本屋だ。都会だとその辺の本屋でもきちんと新書が置いてあり、ある程度専門書もおいてある。こっちに来てびっくりしたのは近くにそこそこ売り場面積の大きい本屋があるのに半分は漫画と雑誌!新書は棚一つ分しか置いていなかった。田舎でもこれは少し極端なのかもしれないが都会ではあんまりこういう構成の本屋はない気がする。最近暇な土日は本を買うためだけに県庁所在地まで行っている。

次に大きく環境が変わったと感じたのは、周囲の人の年齢だ。学生時代は当然20代の人間が殆どだったわけだが、会社に入ると20代から50代までまんべんなくいる。当然だがすごくみんな落ち着いている。30代以上はほとんど結婚していて子供もいるので皆家族のために働いている。もちろん仕事は楽しんでやっているのだが、皆自分のために生きている、仕事しているというのではなく家族のためにやっている。責任が人間を大人にさせている、というのを実感した。将来この人たちのように自分も自分を捨て誰かのために生きていくかもしれない、ということを考えたとき愕然とした。今までは将来のために勉強し何かすごい未来があるかもしれないという幻想を抱いてきたわけだけども、会社に入るとこの先こういう風になるのか、という風に先が分かってしまう。まだ自分は子供だ。まだ学生気分が抜けない。

最後に、社会人になって給料がもらえるようになった。人生でこんなに多くのお金を自由に使えるのは初めてである。自分が稼いだ金(真面目に考えると新入社員なので会社に稼がせてもらっている金なのだが)なのでどう使おうと自由だ。思っていた以上に色々なことが出来る。欲しいものが買える。金を手にしたことで物が買えるのに加え、自由を手にした気がする。

社会人になっての環境の変化はこんなところだろうか。次は仕事について振り返ってい見ようと思う。